消費者金融の金利はいくら?

消費者金融の金利が安いか?高いか?で言うと、銀行カードローンと比べると高いです。
その理由は、消費者金融は銀行からお金を借りて、そのお金で会社の運営をしているため、銀行が自ら運営しているカードローンよりもどうしても金利が高くなってしまうからです。
それでは皆金利の安い銀行カードローンを利用するようになってしまうので、消費者金融では銀行カードローンよりも審査を厳しくないものにしたり、即日融資に力を入れるなど、借りてもらいやすいようにしています。
銀行では申込んでも審査に通らず借り入れできないケースもありますが、消費者金融では銀行カードローンよりは審査が厳しくなく、主婦や学生などパート・アルバイトでも借り入れが可能ということもあり、申込みのハードルが低いです。
また、金利は14%~18%など下限金利~上限金利で幅があります。
利用限度額が多い人には下限金利が適用される場合もありますが、ほとんどの場合上限金利で見ておいたほうが良いとされています。
金利は実質年率なので、1年間借りた場合の利息を表しています。
例えば金利18%で10万円借りた場合は、1年で18000円の利息を払うことになります。
金利を使った、利用した日数ごとの利息の計算方法は「借入額×金利÷365日×借入れ日数=利息」です。
例えば10万円を借入れし、毎月5000円ずつ返済する場合は、金利18%と14%では完済までに5000円の差が生じ、返済期間は1か月の差が生じます。

金利を抑えて借入れをするためのポイント

無利息期間を活用すること

30日間無利息などのサービスで、給料日前に急にお金が必要になり、手元の金額では足りない時などに活用できます。
無利息期間中に払い終えれば金利は0円なので便利です。
消費者金融の金利はいくら?
無利息サービスを受けるためには会社によっていくつか条件があり、初めての利用であること、メールアドレスの登録をすること、Web明細を利用すること、借入額は200万円まで、などがあります。
いずれも簡単な条件となっていますが、よく確かめて自分に合った会社を利用するのがポイントです。

繰り上げ返済を利用すること

設定していた月々の返済額よりも多く返すことで、予定よりも早く払い終えて利息を抑えることができ、金利が高い場合も最終的には負担が抑えられます。

月々の返済額を多く設定すること

低金利で借入れしても、返済期間が長くなればその分支払う利息は増えていきます。
少しでも早く払い終えるために、月々の返済額を多く設定すると払う利息が減り、負担が軽くなります。

参考サイト

働いていない主婦は消費者金融では借りることができません。
専業主婦でも借りれる総量規制対象外のカードローンは銀行ローンのみです。
各キャッシング会社の利用対象や金利はこちらのサイトで詳しくまとめられています。
借入が可能かどうか事前にチェックしておきましょう。
参考サイトタイトル:かんたんWEBで申し込み完結!専業主婦でも借りられるカードローン特集!!
サイトURL:http://www.syufeel.com/lp/cardloan01.html