消費者金融の在籍確認について

消費者金融業者(いわゆるサラ金)に対して借り入れの申し込みを行う際には、必ず在籍確認が行われます。これは『申し込みをした人が就労して収入を得ているか否か』の確認のために行われるものであり、審査する上でも重要な点となります。申込時には(現在勤めている法人名と連絡先)記入しますので、これに従って在籍確認の連絡が行われます。消費者金融の担当者により電話で確認がありますが、この際には決して借り入れのための確認ということがばれないように会社名を名乗ることはありません。そこに勤務しているか否かの確認を行う程度の電話であり、どの課に在籍しているのか、収入はどのくらいかなどといった詳細な部分を確認することはまずありません。確認が取れれば審査が進み、キャッシングが可能であるか不可能であるかの判断が下されます。もしも在籍している確認が取れない場合には借り入れが不可能となります。この確認は正職員だけではなく、アルバイト・パートも同様に行われています。つまり、職場に在籍している確認が取れれば、アルバイト・パートでも借入が可能となるのです。職場在籍の確認はサラ金での借り入れ申し込みだけに限ったことではありません。銀行のカードローンを契約する場合でも行われる確認です。もっとも、大手やインターネットバンクを含む殆どの銀行のカードローンでは、消費者金融が保証会社として審査を行うケースが多く、上記と同じ内容の在籍確認が行われることになります。